奈良・平安時代、砥石「伊予砥」から生まれた砥部焼

やや青みがかった厚手の白磁で、玉縁状の口縁など全体的にポテっとしたフォルムに薄い藍色をした呉須を使って手書きで染付されるのが特徴的です。
砥部焼の伝統的な文様といわれる「太陽文」、「唐草文」、「なずな文」を描いた作品が一般的でしたが、
現在では様々な文様、図柄が使われ、女性や若手陶芸家によって現代的にアレンジされた砥部焼も増えてきています。

おすすめ商品